渥美半島 Atsumi


友達に釣りを教えてもらいに渥美半島に押しかけました。彼の在学中から何度か釣りのお誘いがあったのですが、はじめての実現です。卒業式であった時は長く話せなかったので、2泊3日で話題が尽きることはなかったです。あまりしつこいと呆れられますが、それでも話をちゃんと聞いてくれ、自分の意見を穏やかに述べてくれる運転中の彼の姿は理想の父親像でした。話に夢中になってたいたのでシャッター切る余裕はありませんでした。ちなみに彼は2歳年下です。
天気予報は3日とも雷雨で、釣りに行けるか危ぶまれましたが、運良く晴れて2日目の夕方と3日目の朝に釣りをしました。2日目は一枚貝を割って餌にしましたが釣れませんでした。翌日は朝早くに釣具屋に行き、ゴカイ(ミミズみたいな餌)を買い、前日とは違う漁港に行きました。彼が始めるとハゼが釣れ、僕もやり方を教えてもらいながら釣竿を振りました。結果はハゼが1匹、外道のフグを2匹(目当ての魚でないものは外道というらしい)でした。魚がかかるまでの間は緊張とリラックスのバランスがよく、心が落ち着きます。人工音が少なく、目に前には海の青が広がり、自分もまた自然から生み出されたひとつなのだろうと感じます。
車を買おうとかんがえているので、新しい趣味が増えそうです。ご飯の写真は最短撮影距離の関係でとりませんでしたが、新鮮な魚を使ったボリューム満点の魚介丼が美味しかったです。あごだし味噌汁が無料というのも魅力でした。次回の旅行では食事の写真もフィルムで撮れるよう機材を揃えたのでおたのしみに。

I visited my friend working at Atsumi to go fishing with him. Atsumi has a long history which includes Jomon Era ( 5th century B.C. -3rd century B.C.) Places remains where people putted their garbages. They were also used as tombs. Shells and bones of fishes were discovered, too. From long time ago, in this peninsula we have been eating sea foods.
Unless it was my first time fishing on sea shore, with my friends’ help, I could catch three tiny fishes. This time, we released them because we had no chance to cook. But next time I’d like to eat what I catch.

【撮影機材】
Leica M2
Summicron 5cm f2.0 collapsible
Canon 85mm f1.9 LTM
Fujifilm fujicolor c200