Canon 85mm f1.9 LTM


中望遠のレンズを手に入れました。スクリューマウント(Lマウント) CANON 85mm F1.9 です。主な用途はポートレート。ずっと撮りたかった友達や妹のポートレートを本人たちにダメ出しされてしまったので、背景をぼかしてアート寄りにも挑戦してみようかという次第です。人物は自分の自己満足で完結しないのでやりがいがあります。どんな感想であれ本人に言ってもらえるのが一番うれしいし、次こそは気に入ってもらえるようがんばるぞとなります。

さてこのレンズを選んだ経緯ですが、愛読書日沖宗弘氏の『写真術』で紹介されていました。彼の言によれば「F4においてはズミクロンF2と甲乙つけ難く仰天したものだ」とのこと。ELMARIT 90mm F2.8 や SUMMICRON 90mm F2 を狙っていたのですが、Flickrやインスタで見ると、ぴんと来ませんでした。あと検索のヒットが多すぎて、僕の写真もこの中に埋没させてしまうのは嫌だなと思って。このレンズは検索にあまり引っかからず、見つけた作例も写りがよかったのでこのレンズに決めました。ライカのレンズに比べて懐にも優しい。

試写は京都水族館のイルカショーに行って来ました。いい歳した男が一人で真剣にイルカにカメラを向けるのはいかがなものかと思いましたが、おじさんがさらにでかい望遠レンズを提げていたので、ちょっと安心してしました。家族づれやカップルでも一眼を持ってる方が多く、できれば孤高のカメラおじさんより後者のようにとは思いますが、それは別の話。

海外旅行資金を貯めるため8月はバイト漬けでした。月に延べ37勤。今月死んだら過労死認定されると思います。旅行には十分なほどお給料をいただいたので、ゆっくり休んで旅行までに体力を回復させたいです。とりあえずは後2勤でようやく僕の夏休みが始まります。

【撮影機材】
LEICA M2
CANON 85mm f1.9 LTM
KENTMERE400

【参考】
日沖宗弘 『プロ並みに撮る 撮影術II』 頸草書房